「ちば海苔」のキャッチフレーズ決定/千葉

県漁業協同組合連合会と県海苔問屋協同組合は、県産のりのキャッチフレーズを「ちょっと 贅沢 ずっと ちば海苔」としたと発表しました。九州・有明産ののりと比べてブランド力に劣るため、親しみやすい言葉で消費拡大を図るねらいです。

同連合会などによれば、キャッチフレーズは昨年公募。最終審査では生産者や大学教授などの8人が選考にあたり、全国から応募があった3409作品の中から東京都世田谷区の保岡直樹さんの作品が選ばれました。

同漁協関係者は選考の理由について「(県産のりの)質の高さを表現しつつも親しみやすい。長くご愛顧いただきたい生産者側の思いを上手に表現している」と語ります。

ちば海苔を持った県公式マスコットキャラ「チーバくん」の新デザインもキャッチフレーズと同時に公表。このキャッチフレーズと共に今後の店頭イベントなどで活用されます。

関連記事

関東のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Kantoの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です